「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子ども・若者支援地域協議会のミッションと展望

子ども・若者支援地域協議会のミッションと展望

〈増補版〉長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク

コドモ・ワカモノシエンチイキキョウギカイノミッショントテンボウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0854-9 C0036
判 型
A5判
ページ数
248頁
発行年月日
2016年08月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

前著『長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク』をもとに大幅に加筆。
「子ども・若者育成支援推進法」19条に示されている、支援を効果的かつ円滑に実施する仕組みとして、地方公共団体に設置が求められている「子ども・若者支援地域協議会」を詳述し、長期化する年長者のひきこもり事例の把握と、支援の効果や限界について具体的に明らかにする「手づくりの支援論」の試み。支援関係者、行政関係者、待望の新刊です!

目次

1章
子ども・若者支援地域協議会のミッションと展望
 -困難をかかえる若者の現状と若者支援地域ネットワーク
2章
長期・年長のひきこもる人の理解と支援
 -「多元的支援」「ゆるやかな支援目標」「ネットワーク支援」への道
 /付:ひきこもり支援のための評定尺度(試論)
3章
ひきこもる人への訪問サポート(アウトリーチ)の方法論
 -その可能性と限界を見つめる/付:ひきこもる人への訪問を希望される方へのご案内
4章
長期・年長のひきこもる人の就労に向かう支援をめぐって
5章
ひきこもり支援事例集

編集者のコメント

自治体関係者・民間の支援者ともに読まれた前著「長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク」に大幅に加筆、新たな項目を多く加えた、ひきこもり支援の解説書。データと事例を豊富に掲載。

著者プロフィール

竹中 哲夫 タケナカテツオ

1941年生まれ。
日本福祉大学名誉教授、日本福祉大学心理臨床相談室研修指導員、臨床心理士。日本福祉大学心理臨床研究センター(心理臨床相談室)研修指導員として、ひきこもり支援(個別相談・訪問サポート)に取り組む。
専門:ひきこもり支援論、児童福祉論、臨床心理学。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません

関連書籍

長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク