哀しみを得る 看取りの生き方レッスン

哀しみを得る 看取りの生き方レッスン

著 者

村中 李衣

ISBN

978-4-7803-0900-3 C0095

判 型

四六判

ページ数

156頁

発行年月日

2017年01月

価 格

定価(本体価格1,600円+税)

ジャンル

ルポルタージュ・記録

あなたは、お母さんとの最期の時間(とき)をどう生きますか?
小さないのちを見つめ続けてきた児童文学作家・村中李衣さん。
愛も葛藤もある母へのおもいのなかで、それは、あたりまえに、突然、始まりました。
それぞれに個性的な父、夫、息子、娘と織りなす看病、介護、看取りの日々。それぞれに真剣で、でも、どこかやわらかなユーモアに包まれているのでした。生きること、死すこと、家族であること、愛すること・・・に立ち止まって思いいたす心のドキュメンタリー。
綴らずにはおられなかった全編書き下ろし。
お母さんから生まれたすべての子どもたちに贈ります。

村中 李衣
1958年山口県生まれ。児童文学作家、ノートルダム清心女子大学教授。
筑波大学人間学類卒業後、日本女子大学大学院で児童文学を学ぶ。その後、児童文学の創作に携わりつつ、就職先の小児病棟の子どもたちと絵本の読みあいを始める。さらに、読書療法や絵本を介したコミュニケーションの可能性について研究。保育者養成、保育者研修講師のほか、講演・受賞多数。

関連書籍・記事

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい

保育をゆたかに絵本でコミュニケーション

保育をゆたかに絵本でコミュニケーション