「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

哀しみを得る 看取りの生き方レッスン

哀しみを得る 看取りの生き方レッスン

カナシミヲエル ミトリノイキカタレッスン

著 者
ISBN
978-4-7803-0900-3 C0095
判 型
四六判
ページ数
156頁
発行年月日
2017年01月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

あなたは、お母さんとの最期の時間(とき)をどう生きますか?
小さないのちを見つめ続けてきた児童文学作家・村中李衣さん。
愛も葛藤もある母へのおもいのなかで、それは、あたりまえに、突然、始まりました。
それぞれに個性的な父、夫、息子、娘と織りなす看病、介護、看取りの日々。それぞれに真剣で、でも、どこかやわらかなユーモアに包まれているのでした。生きること、死すこと、家族であること、愛すること・・・に立ち止まって思いいたす心のドキュメンタリー。
綴らずにはおられなかった全編書き下ろし。
お母さんから生まれたすべての子どもたちに贈ります。

著者プロフィール

村中 李衣 ムラナカリエ

1958 年山口県生まれ。児童文学作家、ノートルダム清心女子大学教授。
筑波大学人間学類卒業後、日本女子大学大学院で児童文学を学ぶ。その後、児童文学の創作に携わりつつ、就職先の小児病棟の子どもたちと絵本の読みあいを始める。さらに、読書療法や絵本を介したコミュニケーションの可能性について研究。保育者養成、保育者研修講師のほか、講演・受賞多数。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

山陽新聞
[2017年5月14日]に紹介