「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい

ジョセイジュケイシャトワガコヲツナグエホンノヨミアイ

編著者
村中 李衣・中島 学
ISBN
978-4-7803-1162-4 C0036
判 型
A5判
ページ数
192頁
発行年月日
2021年06月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

会えないわが子への想いを声にのせて
病棟で児童養護施設で、赤ちゃんからお年寄りまで、場をともにするコミュニケーションを根底に「読みあい」を実践してきた著者が、受刑中の母と子を深くやわらかくつなぐ。
今、誰も排除しない社会への小さなとびらをひらく。

目次

はじめに
絵本のちから、読みあいの可能性
1章
読みあいを矯正の場に生かす ー絆プログラムの概要
2章
一人でも独りじゃない ー絆プログラム12年間の記録
3章
家族・社会につなぐ海外の試み ー感情が響きあう場づくり
4章
受刑者処遇の未来へ向けて ー絆プログラムの意義と今後の課題(中島学)
5章
2020年の読みあいから見えてきたもの ー哀しみを得て生きすすむ
あとがき
終わらない道の先に

訂正とお詫び

本書『女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい』
中に、誤りがありましたので、
下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

・23ページ 6行目
誤 ワーキングシート(18-19ページ参照)A
正 ワーキングシート(26-27ページ参照)A
 
・171ページ 下から8行目
誤 再高     
正 最高

絆プログラムとは?

初の官民協働刑務所・美祢社会復帰促進センターで実践されている矯正プログラムのひとつ。村中李衣と小学館集英社プロダクションが共同で開発。日本の刑務所・矯正処遇に、人権尊重と社会復帰の新たな可能性を広げ、注目される。

著者プロフィール

村中 李衣 ムラナカリエ

1958 年山口県生まれ。児童文学作家、ノートルダム清心女子大学教授。
筑波大学人間学類卒業後、日本女子大学大学院で児童文学を学ぶ。その後、児童文学の創作に携わりつつ、就職先の小児病棟の子どもたちと絵本の読みあいを始める。さらに、読書療法や絵本を介したコミュニケーションの可能性について研究。保育者養成、保育者研修講師のほか、講演・受賞多数。

中島 学 ナカジママナブ

美祢社会復帰促進センター元センター長
福岡少年院長などを経て、法務省札幌矯正管区長。
矯正施設から家族等への帰住が困難な方々への社会的な支援体制の構築等にも関わる。

関連情報

現在はありません