くじらが陸にあがった日

くじらが陸にあがった日

朝倉篤郎聞き書き

著 者

木村 陽治

ISBN

978-4-7803-0903-4 C0031

判 型

四六判

ページ数

240頁

発行年月日

2017年01月

価 格

定価(本体価格1,500円+税)

ジャンル

ルポルタージュ・記録

「野党共闘」の先駆である70年代の革新自治体。三多摩出身の初の共産党都議会議員は、社会党や無党派とどう協力し、東京都民の暮らしを向上させるため奮闘したのか。朝倉篤郎氏の活躍を描く。

第1章 青春時代 恋と革命
第2章 酪農研究者として立つ
第3章 革新都政と革新市政とを結んで

投稿者:男性・65歳・労組専従
評価: ☆☆☆☆
1973年以降、朝倉さんにおせわになったことがあります。自分の体験と重ねあわせて読みました。
どんな時もどんな問題でもポイントをつかみ、対峙して、解決・前進される姿に爽快、痛快です。戦後をこんな生き方ができたんだ!病気も克服して、すばらしい人生を生きられたんだ、こんな人がいたんだ、とうらやましく、感動しました。私も元気で生きていきたい。

木村 陽治
1936年生まれ。1959年より20年間、自治体労働者。
その間、都職労中央執行委員など。1981年より6期24年、日本共産党都議会議員、都議団幹事長、団長など歴任。