「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

くじらが陸にあがった日

くじらが陸にあがった日

朝倉篤郎聞き書き

クジラガオカニアガッタヒ

著 者
ISBN
978-4-7803-0903-4 C0031
判 型
四六判
ページ数
240頁
発行年月日
2017年01月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

「野党共闘」の先駆である70年代の革新自治体。三多摩出身の初の共産党都議会議員は、社会党や無党派とどう協力し、東京都民の暮らしを向上させるため奮闘したのか。朝倉篤郎氏の活躍を描く。

目次

第1章
青春時代 恋と革命
第2章
酪農研究者として立つ
第3章
革新都政と革新市政とを結んで

読者の声

投稿者:男性 65歳 労組専従

評価: ☆☆☆☆
1973年以降、朝倉さんにおせわになったことがあります。自分の体験と重ねあわせて読みました。
どんな時もどんな問題でもポイントをつかみ、対峙して、解決・前進される姿に爽快、痛快です。戦後をこんな生き方ができたんだ!病気も克服して、すばらしい人生を生きられたんだ、こんな人がいたんだ、とうらやましく、感動しました。私も元気で生きていきたい。

著者プロフィール

木村 陽治 キムラヨウジ

元日本共産党都議団長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません