金融グローバリズムの経済学

格差社会の形成と世界金融危機の勃発

著 者

萩原 伸次郎

ISBN

978-4-7803-1066-5 C0033

判 型・

A5判

ページ数

144頁

発行年月日

2020年01月

価 格

定価(本体価格1,500円+税)

ジャンル

政治・社会・労働

※紙書籍のご購入はこちらから↓

このメカニズムを知らずして世界経済は語れない!
今私たちは、アメリカ金融覇権の下、金融グローバリズムの資本主義世界に生きている。巨大金融資本は、新自由主義と相まって、世界経済と国民生活に深刻な影響をもたらしている。
本書は、その形成の歴史を解説し、巨大金融資本封じ込め政策と新自由主義との決別によって、格差社会と世界金融危機を乗り越えるルールある経済社会の創生を展望する。

まえがき
序 章 金融グローバリズムとはなにか
第1章 金融グローバリズムを生み出したのは誰だ
第2章 金融グローバリズムと格差社会の形成
第3章 世界金融危機はなぜ起こるのか
第4章 金融グローバリズムを乗り越える戦略はあるのか
まとめにかえて

萩原 伸次郎
1947年、京都市生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学。横浜国立大学経済学部教授、同学部長、米国マサチューセッツ大学経済学部客員研究員などを経て、現在、横浜国立大学名誉教授。

関連書籍・記事

TPP

TPP

TPP 第3の構造改革
TPP 第3の構造改革