「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子ども・若者支援のパラダイムデザイン

子ども・若者支援のパラダイムデザイン

“第三の領域”と専門性の構築に向けて

コドモワカモノシエンノパラダイムデザイン

著 者
ISBN
978-4-7803-1154-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
216頁
発行年月日
2021年05月 
価 格
定価(本体価格2,400円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

A Paradigm Design for Children and Youth Services in Japan
いま、日本の子ども・若者が直面している課題に対応できる仕組み・構造の不在という現実を、包括的な“第三の領域”、支援する専門職、それらを支える学問領域、そして支援における権利性の欠損と捉え、ここからどのように社会を再構築していくのか、実践者たちとともに新たな枠組みを構想する。

目次

第1章
子ども・若者支援における概念整理─支援、ケアとの関連において─
第1部
“第三の領域” の概念と欠損の背景
第2章
「第三の領域」と「社会教育的支援」概念─ドイツにおける議論を中心に─
第3章
子ども・若者期を支援する包括的な「第三の領域」の欠損の背景
第4章
子ども・若者支援の歴史的理解──「学問」領域の欠損
第2部
子ども・若者支援の基礎概念:居場所、自尊感情、対話、自立
第5章
自立について……自立の五側面
第6章
居場所、アニマシオン、自尊感情
第7章
対話の意義と役割
第3部
子ども・若者支援の専門性
第8章
子ども・若者支援領域の言語化をめざして──専門性の欠損への対抗
第9章
子ども・若者支援に従事する者の専門性試論
第10章
補論 social(社会的)な視点から見た子ども・若者支援

編集者のコメント

学校と家庭だけでは支えきれない!閉塞する日本社会の子ども・青年支援に求められる新たな支援と専門職のあり方を、理念と制度、具体的な活動にわたって提案する里程標。

著者プロフィール

生田 周二 イクタシュウジ

奈良教育大学名誉教授/子ども・若者支援専門職養成研究所代表。専門テーマは、人権教育・社会教育。

関連情報

現在はありません