「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

奇跡が起こる音楽教室

奇跡が起きる音楽クラブ

「そんなのムリ」が「わたし、できるよ」に

キセキガオキルオンガククラブ

編著者
NPO法人アゴラ音楽クラブ
ISBN
978-4-7803-1191-4 C0037
判 型
A5判
ページ数
136頁
発行年月日
2021年09月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

 障害児・者が、音楽を通して奇跡を起こす 
アゴラ音楽クラブは、障害のある子どもや大人たちが通う音楽クラブです。
はじめは1分も座っていられなかった子どもたちが進んで練習に取り組むようになります。ステージで演奏したい一心で、動きにくかった手指を使ってピアノを弾き、マリンバを演奏し、上がらなかった腕を動かしてダンスをしたり、和太鼓をたたいたりしています。
その結果、まさに「奇跡」とも言えるようなできごとが次々起こって、先生や保護者の皆さんを驚かせたのです。
アゴラ音楽クラブの10年を振り返ります。

もくじ

1章 アゴラ音楽クラブができるまで
2章 私たちの団体をつくろう
3章 なぜ音楽なのか
4章 NPO法人ってなに?
5章 それからの10年

著者プロフィール

水野惠理子 ミズノエリコ

神戸大学文学部哲学科卒。奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(学術)。日本音楽療法学会認定音楽療法士。小田原短期大学特任准教授、近畿大学医学部附属病院、太成学院大学、大手前短期大学非常勤講師。
1995 年知的障がい児・者とその家族による和太鼓チーム「アゴラ太鼓」結成、2011 年NPO 法人アゴラ音楽クラブ設立。
現・アゴラ音楽クラブ理事長。

NPO法人アゴラ音楽クラブ

奈良県にあり、おもに知的障害児・者を対象に音楽やダンスの指導及び演奏活動を行なっている団体。NPO法人化して今年10周年を迎える。

関連情報

現在はありません