子どものための居場所論

子どものための居場所論

異なることが豊かさになる

著 者

阿比留 久美

ISBN

978-4-7803-1218-8 C0037

判 型

四六判

ページ数

240頁

発行年月日

2022年05月

価 格

定価(本体価格2,000円+税)

ジャンル

教育

居場所ってどんなところ?
子どものための居場所が、おとなの過剰な管理や配慮、そして社会の同調圧力によって奪われてはいないでしょうか。子どもがのびのびと生きられ、同時に地域社会を豊かにしていくような「まなざし」の在り方をを考えます。

第1部 居場所を喪失した現代社会
第2部 居場所をはぐくむ子どもとおとなの距離感
第3部 子どもにとっての学校
第4部 家庭と学校以外にも「居場所」はあるよ
第5部 子どもの時間、子どもの自然
第6部 子どもが育つ社会の構想
    ー子どもがもっている「育つ力」を信じる

阿比留 久美
人がどう生きたいかを強制されることなく、自分の生きたい生き方ができるような社会になるといいなと思い、社会教育と社会福祉を結びつけながら研究や活動をしています。早稲田大学で働きつつ、若者支援にかかわる全国ネットワーク「若者協同実践全国フォーラム(JYCフォーラム)」などで、社会づくりと自分の夢を結びつけていくことをしています。

関連書籍・記事

「若者/支援」を読み解くブックガイド

「若者/支援」を読み解くブックガイド