「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

河上肇と左京

河上肇と左京

兄弟はどう生きたか

カワカミハジメトサキョウ

著 者
ISBN
978-4-87699-707-7 C0036
判 型
四六上製判
ページ数
160頁
発行年月日
2002年10月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

ファシズムの嵐吹きすさぶ冬の時代、獄中の兄・肇(経済学者)を「おれの太陽だ」と敬愛した弟・左京(画家)。左京の長男が初めて綴る。
河上家の貴重な写真・資料、初めて記された人間味あふれるエピソードなどを満載!

目次

1
河上肇の周辺を語る
2
河上肇はどう生きたか
3
うそんー河上左京の横顔
河上左京の奇跡

著者プロフィール

河上 荘吾 カワカミショウゴ

1929年、河上肇の実弟左京の長男として東京・杉並に生まれる。
1933年、河上肇の下獄によって、父、母、姉とともに山口県岩国に帰る。
1945年、旧制岩国中学校を卒業。
1949年、岩国税務署レッドパージ。
日本共産党山口県東部地区委員会の専従を、202年3月退職。
現在、原水爆禁止岩国玖珂協議会事務局長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません