「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

きみには関係ないことか97〜03

きみには関係ないことか97〜03

戦争と平和を考えるブックリスト

キミニハカンケイナイコトカ97〜03

編著者
ISBN
978-4-87699-802-9 C0036
判 型
A5判
ページ数
120頁
発行年月日
2004年04月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

平和のために何ができるのか
文庫活動をする人達が「戦争と平和を考える本」を写真集・絵本・児童文学から選書し、300册以上紹介。図書館や地域文庫必携のリスト

目次

はじめに——2
リストを利用する方へ——4

第1章 今、世界で何が起こっているのか———9
 イラク戦争・アフガン侵攻  10
 湾岸戦争・コソボ侵攻・ベトナム戦争・カンボジア侵攻  13
 宗教・民族を巡って  16
 戦争後も続く地雷の被害  20
 核がもたらすもの  22
 今なお存在する米軍基地  25
 韓国・北朝鮮との関わり  29
 貧しさと差別の中で  32
  ■コラム
   映画「アレクセイと泉」  23
   劣化ウラン弾の恐怖  24
   沖縄への視線を問う  25
   沖縄を取材して作品を生み出す  28
   韓国の徴兵制度  30
   インドの少女たちとともに  35
   映画に見る子どもと戦争  37

  ◆アメリカの移民に関する年表——38
特集・「戦争をするアメリカ」ってどんな国?———40
  ■コラム
  現代アメリカの子どもたちの生活  49

第2章 過去を忘れない———51
 日本の戦争  52
 ヨーロッパの戦争  70
  ■コラム
   『ハテルマシキナ』を読んで  58
   黒田征太郎とのコラボで生まれ変わった 野坂昭如『戦争童話集』  60
   『少年H』に憤る山中恒氏  63
   世界にはばたくサダコの物語を知っていますか?  69
   アイルランドが近くなる  77



第3章 戦争を起こさせないために———81
 戦争はなぜ起きる  82
 いろんな国 いろんな生き方  86
 平和な暮らし  91
 平和をつくる人々  94
 平和のためのしくみ 国連と日本国憲法  102
 資料編——調べたいときに  90・105
  ■コラム
   カンボジアとの国際交流  96
   平和を学ぶためにすすめたい本2冊  100
   国が配らないなら、ぼくが配る  102

関連年表——106
索引——112
参加者一覧・編集委員——116
おわりに——118

著者プロフィール

京都家庭文庫地域文庫連絡会 キョウトカテイブンコチイキブンコレンラクカイ

自宅や地域の集会室などで、子どもの本を置き、本を貸し出したり、読み聞かせをしたり、遊びを通して、本の楽しさや仲間との居場所を作っているのが子ども文庫です。
連絡会は、子ども文庫と子どもの本に関心を寄せる個人で構成しています。
学習会の開催や図書館づくりの運動も行っています。1973年結成。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません