「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

京都ビンボー遊び術

京都ビンボー遊び術

キョウトビンボーアソビジュツ

著 者
ISBN
978-4-87699-984-2 C0026
判 型
A5判
ページ数
224頁
発行年月日
2005年10月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

新しい京都の遊び方
高くてうまいは当たり前。リーズナブルでうまくて、本物の京都が満喫できる穴場を教えます。
歩く食べる話し込むーこれを繰り返すこと2000件。読んで得するガイドブック。

目次

第一章
たべる
第二章
もうでる
第三章
ビンボーを楽しむ
第四章
たしなむ

読者の声

投稿者:49歳 女性

評価: ☆☆☆☆
長野県出身で、京都にほれ込み、最初はバイトのバスガイドとして、後にはフリーライターとして、巨体猫と暮らしながら、お金がなくても豊かに京都を愉しんできた著者の遺作である。ふっくらとした著者の写真と、おいしそうさ満杯のガイドの内容に比して、ガンで49歳で早世されたという記述と、あと一息というところで仕上がらなかった本を最後まで仕上げた仲間たちのレクイエムが泣ける。本当に渾身の作なんだなというのがひしひしと伝わって来るから、読み手も他の観光ガイドでやりがちな「てきと〜においしそうなところだけ読んですっ飛ばす」というのは出来なかった。
ワーキングプアを地で行く暮らしをしつつ、めいっぱい京都を楽しんだ著者ならではのとっておきスポット(特にグルメ関係が充実)の紹介には、ありきたりなガイド本ではあり得ない愛情と親しみがこもっていて、行きたいぞ!という気持にさせてくれる。
で、そういうありきたりなガイドブックとならざるを得ない、そのために素っ気ない取材をせざるを得ないフリーライターの事情あたりもまじえて書いてくれているから、いっその事面白いのだ。1990年代後半からの記述で、既に閉店になったり、色々なデータが古いかもしれないが、でも、この本は存在価値がある、とあとがきで仲間が書いているが、納得。最近、京都狂いの私。しかもびんぼ〜旅しか出来ない私。座右の銘、京都バージョンとして選ぶならこれだっ!という一冊である。

著者プロフィール

山崎 重子  ヤマザキシゲコ

1955年10月15日、長野県下伊那郡上村に生まれる。
京都光華女子大学卒。長期にわたるバスガイドのアルバイトを経てフリーライターになる。
2005年5月28日、逝去。享年49歳。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません