「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

まちの子どもソーシャルワーク

子どもの貧困対策第2ステージ

マチノコドモソーシャルワーク

著 者
ISBN
978-4-7803-0924-9 C0037
判 型
A5変型判
ページ数
144頁
発行年月日
2017年07月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

子どもの貧困対策法が出来て4年どうする?子どもの貧困対策、次の一手!
居場所づくり、子ども食堂、学習支援・・・子どもの貧困への取り組みは、急速にに広がりました。前作「子どもたちとつくる貧困とひとりぼっちのないまち」では、トワイライトステイ・学習支援・学生サポーター NPOがはじめて取り組んだ子どもの貧困対策を紹介しました。でも、がんばっているNPOがなくても、全国どんな地域でも実践できるように、「社会福祉協議会を核に」「スクールソーシャルワーカーを活用」etc.今、新しいしくみづくりに踏み出しています。子どもの貧困対策の新しいステージで、どんな実践をしていくのかー
困っている子ども・保護者をひとりぼっちにせず、支援をコーディネイトし、歩いて来られる範囲(中学校区)で、子どもソーシャルワークをすすめよう!
私たちの提案です。

著者プロフィール

幸重 忠孝 ユキシゲタダタカ

幸重社会福祉事務所所長・子どもソーシャルワークセンター代表

村井 琢哉 ムライタクヤ

特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろば理事長
公益財団法人あすのは副代表

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません