「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

盲導犬キキ 風のように 光のように

盲導犬キキ 風のように 光のように

モウドウケンキキカゼノヨウニヒカリノヨウニ

著 者
ISBN
978-4-87699-900-2 C0095
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2005年10月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

盲導犬はユーザーの目!
4度目の脳腫瘍手術で失明後、盲導犬キキと出会う。キキとの生活のなかで、さまざまなエピソードを通し「自立」を獲得していくドラマ。

盲導犬に出会ったらすぐにできるボランティア

1.
ハーネスをつけて仕事中の盲導犬に出会ったら、やさしく無視してくださいね。じっと見つめたり、無断でなでたり、おやつをあたえたりしないでね。
2.
道に迷っているのかなって思ったら「何かお手伝いできますか?」と、声をかけてくださいね。
3.
信号を待っているとき、「青になりましたよ」と教えてくださいね。
4.
以上のことをまわりの人に教えてあげてくださいね。


使用者に無断で盲導犬にさわったり、おやつをあたえている人を見つけたら、注意してね。

もくじ

刊行によせて
金尾哲也   
はじめに   
序 章
失明   
第1章
はじめまして、キキ   
第2章
訓練の日々   
第3章
地図のない世界へ   
第4章
市民病院入室許可   
第5章
キキ、わが家の子になる   
第6章
キキは、アトピー  
第7章
成長   
第8章
キキは盲導犬   
第9章
いとおしさ   
第10章
自然のなかにとけこんで   
第11章
キキとひとつになる   
[写真]
豆塚 猛

読者の声

投稿者:9歳 男性 小学生

評価: ☆☆☆☆
本を読んだ中で一番いい本だったので、またあたらしい本を作ってほしいなぁと思いました。

投稿者:57歳 女性

評価: ☆☆☆☆
私は色変の患者です。写真はわかりませんが、拡大鏡片手に握りしめ、一字一字を追って読みました。今井さんの心の目の描写におどろき、どうしてそんなとこまでキキのことがわかるのと、犬の大好きな私を夢中にさせてくれました。そして感動と勇気を私に与えてくださいました。今井さんの今後のご活躍をお祈り致します。

著者プロフィール

今井 敏代 イマイトシヨ

1959年広島県生まれ。広島修道大学卒業。1967年脳腫瘍手術。1996年再発により四度目の手術。術後失明。左耳の聴力も失う。現在盲導犬キキとともに企業、大学、幼稚園など幅広く講演活動中。広島ハーネスの会理事、日本児童文学者協会広島県支部会員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません