日米中枢9人の3.11

日米中枢9人の3.11

核溶融7日間の残像

著 者

太田 昌克

ISBN

978-4-7803-1209-6 C0036

判 型

四六判

ページ数

256頁

発行年月日

2022年03月

価 格

定価(本体価格1,800円+税)

ジャンル

ルポルタージュ・記録

日本政府の覚悟に不安を抱いたアメリカ、自衛隊や下請けに任せようとした東京電力、戸惑いながら判断を下すしかない官邸—
10年過ぎたから語れる原発事故対応の深層。共同通信社の大型連載(21.3~21.12)の書籍化

肩書きは当時


グレッグ・ヤツコ(米NRC委員長)
スティーブン・チュー(米エネルギー長官)
チャールズ・カストー(米NRC日本派遣チーム責任者)
ジョン・ルース(米駐日大使)
福山哲郎(官房副長官)
細野豪志(首相補佐官)
広中雅之(統合幕僚監部運用部長)
寺田 学(首相補佐官)
安井正也(経産省大臣官房審議官)

太田 昌克
早稲田大学政治経済学部卒、新政策研究大学院大学で博士号。共同通信社に入社し、広島支局を皮切りに外信部、政治部、ワシントン特派員などを歴任。現在は同社編集委員・論説委員、早稲田大・長崎大客員教授。

関連書籍・記事

読売新聞[22年5月22日]に紹介

核の大分岐

核の大分岐

米朝首脳会談後の世界

米朝首脳会談後の世界