「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

米朝首脳会談後の世界

北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか

ベイチョウシュノウカイダンゴノセカイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0972-0 C0031
判 型
四六判
ページ数
128頁
発行年月日
2018年07月 
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

誰もが衝撃を受けた米朝首脳会談。
朝鮮半島の非核化の行方はまだ不透明で、今後も前進と後退を繰り返すだろう。
防衛の現場で朝鮮半島問題に携わってきた元官僚・自衛隊幹部、核問題のスペシャリスト、北朝鮮経済の専門家が、それぞれの立場から、これまでの教訓を踏まえ、今後の展望を語る。

目次

はじめに
Ⅰ 米朝首脳会談の結果を実らせる道はどこにあるのか 柳澤協二
 米朝首脳会談の結果をどう見るか
 「戦争が嫌だから戦争する」は答えではなかった
 抑止力は安全を保障するか?
 ミサイルからの安全とは何か?
 能力を防げないなら意志を防ぐ
 アメリカは戦争するか?
 北朝鮮核問題の解決とは何か?
 日本の針路をめぐって
 改めて専守防衛を考える

Ⅱ 北朝鮮の核問題を解決する道はどこにあるか 太田昌克
 北朝鮮は核分裂性物質を増産できる体制にある
 九四年米朝枠組み合意の背景
 国交正常化を真剣に模索したクリントン政権
 ブッシュ政権が外交的解決を選ばなかった理由
 「二兎」を追った北朝鮮側にも問題はあったが
 ティラーソン国務長官はもう一つの道を模索した
 開戦の可能性をめぐるイギリス紙の報道と日本
 戦争シナリオのリスクは高い、「母性的なシグナル」も大事
 画期的な米朝会談、しかし正念場はこれから
 日本核武装の技術的、倫理的な問題点

Ⅲ 防衛の現場から考える北朝鮮の核・ミサイル問題 冨澤暉
 軍事的脅威は特定国ではなく「核拡散とテロ・ゲリラ」
 核兵器の登場によって戦争の仕方が変わった
 「核拡散とテロ・ゲリラの防止」と日本
 ないよりはあったほうが良いミサイル防衛
 万全は期せないミサイル防衛
 テロ・ゲリラ対処と本稿の結論
 〈追補〉

Ⅳ 北朝鮮の経済をどう捉えるか 今村弘子
 北朝鮮経済の現状はどうなっているか
 経済制裁は効果を上げてきたのか
 中国の経済制裁はどうなっているのか
 習近平時代になって中国には変化がみられた
 米朝首脳会談に向けた動きとその結果
 米朝首脳会談後の北朝鮮の経済問題

著者プロフィール

柳澤 協二 ヤナギサワキョウジ

東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長

太田 昌克 オオタマサカツ

共同通信編集委員

冨澤 暉 トミサワヒカル

元陸上幕僚長

今村 弘子 イマムラヒロコ

富山大学教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません