「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

隣人が殺人者に変わる時

隣人が殺人者に変わる時

ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言

リンジンガサツジンシャニカワルトキ

著 者
ルワンダの学校を支援する会(服部欧右):訳
ISBN
978-4-7803-0609-5 C0098
判 型
四六判
ページ数
272頁
発行年月日
2013年04月 
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

世界8カ国で翻訳
1994年に起こったルワンダのフツ族によるツチ族虐殺の証言集。事件後、沈黙していた生存者たちが、当時の状況や現在の心境を語る。

目次

はじめに
第1章
早朝のニャマタ
第2章
大小の市場
第3章
ブゲセラ道路
第4章
キブンゴの丘
第5章
堅琴の形をした牛の角
第6章
未亡人たちのたまり場で
第7章
アカシヤの下の自転車タクシー
第8章
大通りの店
第9章
リリマ刑務所
第10章
逃避行
第11章
記念館の中の壁龕
第12章
これまでの説明
第13章
クロディーネのテレトレハウス
第14章
ラ・ペルマナンスの黄昏

本文より

ニャマタの沼や丘で、教会で起こったことは、ごく普通の人たちのとった異常な行動だ。校長や警備員がくぎをちりばめた棒を持って、ジェノサイドに参加した。かつて酒を飲み交わし、生徒からの評価も高かった2人の教師も、殺しに加わった。聖職者や町長、警部補や医師たち、彼らはみんな自らの手で殺人を犯した。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

隣人が殺人者に変わる時 和解への道

隣人が殺人者に変わる時 加害者編

関連情報

信濃毎日新聞[2013年7月7日]に紹介

信濃毎日新聞[2013年7月7日]に紹介

京都新聞[2013年6月16日]に紹介

京都新聞 [2013年6月16日]に紹介

朝日新聞[2013年5月26日]に紹介

朝日新聞 [2013年5月26日]に紹介

京都新聞[2013年4月26日]に紹介

京都新聞 [2013年4月26日]に紹介