「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

裁かれる者

裁かれる者

沖田痴漢冤罪事件の10年

サバカレルモノ

著 者
ISBN
978-4-7803-0338-4 C0036
判 型
四六判
ページ数
112頁
発行年月日
2010年04月
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

公正な裁判を求める闘いの手記
沖田光男氏は、嘘の被害を訴え出た女性と警察官によって犯人とされ、裁判所も嘘を見抜けないでいる。本人と家族の人生を狂わせたものに抗し、10年の歳月をかけて「真実」と公正な裁判を求めて闘ってきた記録をここに公刊する。

編集者のコメント

電車に乗っているだけで、誰でも、痴漢事件にの加害者とされる可能性がある。それを裁判官が見抜けないこともある。だから、冤罪事件が後を絶たない。国家に賠償を求める著者の闘いは、冤罪をなくすうえでも重要である。

目次

第1章
ある日突然のできごと
第2章
国倍訴訟に踏み切る
第3章
人権問題として考える
10年たたかってー妻の手記

著者プロフィール

沖田 光男 オキタミツオ

1942(昭和17)年愛知県生まれ。新川工業(現在アイシン精機)、理研機器製造を経て荏原製作所に定年まで勤務。1999年から痴漢冤罪事件で国家賠償訴訟をたたかう。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

週刊金曜日
[2010年6月11日]に紹介


クリスチャン新聞
[2010年5月2日]に紹介