「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

司馬遼太郎覚書

司馬遼太郎覚書

「坂の上の雲」のことなど

シバリョウタロウオボエガキ

著 者
ISBN
978-4-7803-0486-2 C0095
判 型
四六判上製
ページ数
200頁
発行年月日
2011年11月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

NHKの放送開始から3年目
辻井喬が、渾身の力で書き上げた『坂の上の雲』論の決定版が登場!
NHKでの放映開始以来、「間違った歴史観の持ち主」か、「最後の国民作家か」と議論された司馬遼太郎。司馬が何を書こうとしたのかは、作品の中に分け入り、小説論として分析してこそようやく評価できる。司馬は歴史書を書いたのではなく、その時代に生きた民衆を主人公として、あくまで小説を書いたのであるからー。生前の司馬と交流のあった著者が、暖かい目で論じつくした。

目次

司馬遼太郎を考える
『坂の上の雲』を読む
司馬文学を分析する
司馬文学の個性
附・新舩海三郎
「司馬遼太郎にとっての『坂の上の雲』」

「まえがき」から

外側、あるいは部分のみを取り上げて論評、あるいは批判をし、文学作品の内部に入っていかないのは本当の批評ではない

著者プロフィール

辻井 喬 ツジイタカシ

詩人・小説家
西武グループ創業者の家に生まれる。東大時代、共産党に入党するが、共産党分裂のあおりを受けて除名。
その後、西武百貨店に入社し、西友などを全国展開するとともにセゾングループを形成。実業家としては、本名の堤清二を名乗った。

営業から

NHKで坂の上の雲が放映されて以来、司馬遼太郎の歴史観を批判した本が左翼系出版社から相次いで刊行され、それなりに売れてもいました。
しかし個人的には、作品の文学性に踏み込まず、歴史観だけを批判するのは、上げ足を取っているようで、釈然としない気持ちでした。
「坂の上の雲」を正当に批評することは、文学、歴史、政治、そして司馬遼太郎自身に精通した人でなければできません。それらを兼ね備えた人として辻井喬ほどの適任者が他にいるでしょうか。
司馬遼太郎本人と交流のあった著者の温かい目で語られた司馬文学論。
出版社営業マンとして必ず売れると確信しています。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

週刊読書人
[2012年1月27日]に紹介

読売新聞
[2012年1月15日]に紹介