「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

3.11を生きのびる

3.11を生きのびる

憲法が息づく日本へ

3.11ヲイキノビル

編著者
執筆者
ISBN
978-4-7803-0468-8 C0036
判 型
四六判
ページ数
272頁
発行年月日
2011年09月 
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

各分野のオピニオンリーダーが“転換のいま”を問いかける。
東日本大震災及び福島原発事故は私たち国民に何を突きつけたのか。戦後日本社会の転換が求められる今、各分野のオピニオンリーダーからの提言。3・11後の日本のあり方をともに考えたい。
全編書き下ろし、カラーグラビア付き。

目次

小森陽一
序にかえて
江川紹子
命を守れるのは誰か
安斎育郎
フクシマ後の日本をどうするか
暉峻淑子
三・一一を生き延びるために
岡田知弘
震災復興と地域再生
渡辺治
復興をめぐる二つの道の対決
辻井喬
復興は新しい国づくりで
梅原猛
反原爆、反原発の助け合い社会を

読者の声

投稿者:男性

評価: ☆☆☆
小森陽一氏の大ファン。以前池澤夏樹氏との対談を読んだことがある。現政治における状況をまた語ってほしい。

投稿者:男性 教師 59歳

評価: ☆☆☆
3.11以後、日本の社会が変化していく様子がよくわかった。3.11を後から振り返れば、日本社会の大きな変革を引き起こす結節点になるであろうことが理解できた。

著者プロフィール

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

江川 紹子 エガワショウコ

ジャーナリスト、獨協大学経済学部特任教授。一連のオウム真理教報道で菊池寛章を受賞。

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

暉峻 淑子 テルオカ イツコ

埼玉大学名誉教授.法政大学大学院修了、経済学博士。日本女子大学教授、ベルリン自由大学客員教授、ウイーン大学客員教授などを歴任。

岡田 知弘 オカダトモヒロ

地域経済学、京都大学教授、自治体問題研究所副理事長

渡辺 治 ワタナベオサム

一橋大学社会学部教授、九条の会事務局。

辻井喬 ツジイタカシ

詩人・小説家
西武グループ創業者の家に生まれる。東大時代、共産党に入党するが、共産党分裂のあおりを受けて除名。
その後、西武百貨店に入社し、西友などを全国展開するとともにセゾングループを形成。実業家としては、本名の堤清二を名乗った。

梅原 猛 ウメハラタケシ

哲学、国際日本文化研究センター名誉教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません