「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

心をつなぐ左翼の言葉

心をつなぐ左翼の言葉

ココロヲツナグサヨクノコトバ

著 者
ISBN
978-4-7803-0308-7 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
220頁
発行年月日
2009年10月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

政権が交代しても保守支配は続くー
左翼が多数派になる可能性は、もはやなくなったのか!?
人々の心に響く言葉を見いだすため、左翼には何が求められるのか!?
共産党除名(東大学生時代)後も左翼シンパでありつづけた著者が、波乱に満ちた人生経験をふまえ、左翼の可能性を縦横に語った。聞き手は、連帯する左翼をめざす「ロスジェネ」編集長の浅尾大輔。

目次

はじめに
第1章
護憲と連帯のための言葉
第2章
ポスト資本主義を語る言葉
第3章
プロレタリア文学の言葉

著者プロフィール

辻井 喬 ツジイタカシ

詩人・小説家
西武グループ創業者の家に生まれる。東大時代、共産党に入党するが、共産党分裂のあおりを受けて除名。
その後、西武百貨店に入社し、西友などを全国展開するとともにセゾングループを形成。実業家としては、本名の堤清二を名乗った。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません