「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

13歳からの拉致問題

13歳からの拉致問題

弟と家族の物語

13サイカラノラチモンダイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0592-0 C0095
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2013年01月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

弟の失踪から現在まで兄と家族がどう悩み、行動したかという生きた拉致問題。拉致の基礎知識、朝鮮半島と日本の関係の豆知識も豊富に

3つの特徴

是非、子どもたちに読ませたい、3つの特徴

1 何を悩みどう行動したか行きた体験を語る

  • 被害者の帰国から10年、拉致問題の風化が叫ばれる。とりわけ若い人の記憶は薄れがちだ。その関心を強め、北朝鮮との真剣な交渉を政府に求めねばならない。そのために、被害者の兄として何ができるか。著者は、被害者の家族としての悩み、苦しみをありのままに伝えることにした。情報をもとにパチンコ店を探し歩いた日々のこと。北朝鮮にいるとわかったときの気持ち。この本を通じて、誰もが、「同じ立場だったらどうしただろう」と、自分に惹きつけて拉致問題を考えることができるようになる。

2 拉致問題の基礎知識をわかりやすく解説

1、
拉致は誘拐と違うのか?
2、
政府の拉致問題対策本部とは?
3、
辛光洙が拉致実行犯の一人?
4、
北朝鮮の「不審船」とは?
5、
大韓航空機爆破事件とは?
6、
「家族会」「救う会」とは?
7、
国連は拉致問題をどう扱った
8、
北朝鮮への経済制裁とは?
9、
韓国にも拉致問題はある?
10、
アジアや欧州での拉致問題?
11、
拉致の実行犯に日本人?
12、
植民地支配の謝罪をした?

3 朝鮮半島と日本の関係まで分かる豆知識付

1、
古代からの日本と朝鮮の交流
2、
朝鮮語と日本語の共通性は?
3、
日本と朝鮮は戦争もした?
4、
創氏改名とはなんですか?
5、
朝鮮戦争とはどんな戦争?
6、
北朝鮮と国交がない理由?
7、
竹島はどちらの国のものか
8、
竹島での20世紀初頭の変化
9、
戦後の竹島問題は?
10、
在日朝鮮人がなぜいるのか
11、
在日朝鮮人の戦後の歩み
12、
在日朝鮮人が抱える問題

目次

第1章
弟がいなくなった
第2章
弟が帰ってきた
第3章
なぜ?どうすれば?

著者プロフィール

蓮池 透 ハスイケトオル

新潟県柏崎市生まれ。大学卒業後、東京電力に入社し、福島第一原発の保守管理などを担当。一昨年の退社時は原子燃料サイクル部部長。北朝鮮による拉致問題では、長く「家族会」の事務局長を務めたが、「制裁より対話を」という考えを批判され、除名される。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

MORGEN[2013年3月号]に紹介

週刊朝日[2013年2月22日]に紹介