「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

国と東電の罪を問う

国と東電の罪を問う

かもがわブックレット 199
私にとっての福島原発訴訟

クニトトウデンノツミヲトウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0750-4 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2015年02月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

3800人が原告となり、福島第一原発事故を起こした国と東電の責任を問う「生業訴訟」(「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟)
いよいよ2015年。裁判所による原発建屋等の現場検証が行われる可能性もあり、国と東電の責任が認められると予想される最終局面に入っていく。
そういう裁判を導くためにも、市民の間での関心の広がりが不可欠だ。裁判の進行に合わせ、浜矩子氏、白井聡氏、藻谷浩介氏などによる現地での講演会も予定され、支援の輪が広がろうとしている。
本書は、この生業訴訟の意義や内容を議論し、市民に伝えるために開かれたシンポジウムの記録である。

著者プロフィール

井上 淳一 イノウエジュンイチ

脚本家・映画監督

蓮池 透 ハスイケトオル

新潟県柏崎市生まれ。大学卒業後、東京電力に入社し、福島第一原発の保守管理などを担当。一昨年の退社時は原子燃料サイクル部部長。北朝鮮による拉致問題では、長く「家族会」の事務局長を務めたが、「制裁より対話を」という考えを批判され、除名される。

堀 潤 ホリジュン

ジャーナリスト、元NHKキャスター

松竹 伸幸 マツタケノブユキ

日本平和学会会員、日本ジャーナリスト会議出版部会世話人

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

あなたの福島原発訴訟