「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

先生、殴らないで!

先生、殴らないで!

学校・スポーツの体罰・暴力を考える

センセイ、ナグラナイデ!

著 者
ISBN
978-4-7803-0634-7 C0037
判 型
四六判
ページ数
228頁
発行年月日
2013年08月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

殴られてスポーツをする子どもは絶対に出さない。!
暴力によるスポーツ指導がなぜ続くのか、外国の事情はどうか、スポーツとは何なのか。根源的問いに応える力強い論考で、この問題の解決を目指す。

目次

桑田真澄
スポーツマンとして許せない暴力
坂上康博
部活での暴力はいつから始まったか
平野和弘
暴力の思想を超える水泳指導
土肥信雄
私の体罰否定論
三輪定宣
学校と体罰・暴力の関係史

本文より

桑田真澄氏

体罰否定論を本格的に語る



時代は流れ、道具も進化し、野球自体も進化してきました。野球界の何が進化していないかというと、指導方法だけです。指導者だけが進化していないのです。選手はこっちに投げるか、あっちに投げるかを一瞬で判断しなければなりません。自分で考えて行動できる選手を育てなければいけないのに、普段から監督の指示したことだけをやらせて、それ以外のことをしたら殴るというのでは、育つわけがない。(本文より)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

しんぶん赤旗[2013年11月24日]に紹介

しんぶん赤旗[2013年11月24日]に紹介

北海道新聞[2013年10月27日]に紹介

北海道新聞[2013年10月27日]に紹介

東京新聞[2013年11月3日]に紹介

東京新聞[2013年11月3日]に紹介