「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

障害福祉現場で働くためのメンタルヘルスハンドブック

障害福祉現場で働くための
メンタルヘルスハンドブック

職場でおしつぶされそうなあなたへ しんどいって言えますか?

ショウガイフクシゲンバデハタラクタメノメンタルヘルスハンドブック

編著者
ISBN
978-4-7803-0644-6 C0036
判 型
B5判
ページ数
80頁
発行年月日
2013年09月 
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

障害者福祉施設のメンタルヘルスが問題になっている。 「おかしな職員が増えてきた」という管理職、「どこまでがんばればいいのか」という職員。現場で働く意味を確かめながら、しんどい人とまわりはどうすればいいのか、ガイドブックにまとめる。

目次

第1章
いま、なぜ、職場のメンタルヘルスが求められているのか
第2章
メンタルヘルスの不調はどのように現れるのか
〜とくに不調が強く出ている人たちの悩み〜
第3章
悩みや不安、ストレスに、どのように対処するのか
第4章
メンタルヘルス対策への提言

編集者のコメント

変わり続ける福祉制度、処遇条件改悪により、ブラック企業化する障害者福祉の現場は、メンタルヘルスの不調に悩む職員を生み続ける。個々のメンタル不調を「職場づくり」の観点からとらえなおし、字分は、まわりはどうすればいいのか、職員個々に手渡せるハンドブックとして編集。

著者プロフィール

大阪障害者センター オオサカショウガイシャセンター

大阪府下の障害福祉施設・法人によって設立されたNPO。当事者・家族、職員・施設の願いに根ざした研究・調査を続けている。著作も多数。

福祉現場のメンタルヘルス検討会 フクシゲンバノメンタルヘルスケントウカイ

施設職員・法人運営管理者・障害当事者、社会福祉や精神保健の研究者たちによってつくられた研究会。本書のもととなる調査を実施し、分析結果をまとめている。

執筆者

峰島 厚
立命館大学、福祉現場のメンタルヘルス検討会代表
深谷弘和
立命館大学、日本学術振興会特別研究員、福祉現場のメンタルヘルス検討会事務局長
山本耕平
立命館大学
大岡由佳
武庫川女子大学

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

福祉のなかま[2013年10月号]に紹介

福祉のなかま[2013年10月号]に紹介

しんぶん赤旗[2013年9月29日]に紹介

しんぶん赤旗[2013年9月29日]に紹介

福祉新聞[2013年9月30日]に紹介

福祉新聞[2013年9月30日]に紹介