「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

本人主体の「個別支援計画」ワークブック

本人主体の「個別支援計画」ワークブック

ICF活用のすすめ

ホンニンシュタイノ「コベツシエンケイカク」ワークブック

著 者
ISBN
978-4-7803-0672-9 C0036
判 型
B5判
ページ数
128頁
発行年月日
2014年01月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

医療・看護・介護・福祉の共通言語「ICF(国際生活機能分類)」がわかれば、支援がかわる!
介護や看護の共通言語と言われるICF(国際生活機能分類)だが福祉の現場では“ムズカシイ”という声が多く聞かれる。
当事者理解をすすめ、本人の可能性を生かしたアセスメントを行いよりよい、介護・支援につなげるために有効なICFを、実感的に理解できるワークブック。
高齢者だけではなく、成人期の障害者支援に活用するために工夫がいっぱい!
個別支援計画づくりに必要な書き込みシートもつけています。

目次

第1章
本人中心型の「個別支援計画」が求められている
第2章
ワークで知ろうICFの5つの特徴
第3章
ICFで変わる現場の支援
第4章
ICFの基本的理解
第5章
ICFの7つのシート

編集者のコメント

「ムズカシイ・煩雑」と言われるICFですが、本書のシートを活用して、個別の障害者・高齢者にそくしてアセスメントをしていくと、それまでは見えなかった本人のプラス面が立ち現れ、生活の可能性が広がっていきます。

著者プロフィール

大阪障害者センター オオサカショウガイシャセンター

大阪府下の障害福祉施設・法人によって設立されたNPO。当事者・家族、職員・施設の願いに根ざした研究・調査を続けている。

CFを用いた個別支援計画策定プログラム開発検討会
アイシーエフヲモチイタコベツシエンケイカクサクテイプログラムカイハツケントウカイ

大阪健康福祉短期大学の協力の下、介護福祉・看護・障害者福祉の研究者と施設職員・法人運営管理者によってつくられた研究会。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

福祉新聞
[2014年2月24日]に紹介