「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

続・「無言館」の庭から

続・「無言館」の庭から

ゾクムゴンカンノニワカラ

著 者
ISBN
978-4-7803-1158-7 C0095
判 型
四六判
ページ数
208頁
発行年月日
2021年05月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

「生きゝる」
八十歳近い老人が、アト何年この館を運営できるかわからにけれど・・・
「無言館」という小舟に乗って荒波にあそばれる筆者の“漂流記”

目次

第1章
「無言館」の庭から① 画学生に捧ぐ哀歌
第2章
雨よ降れ① 老いざかり
第3章
「無言館」の庭から② 「生き残る」ということ
第4章
雨よ降れ② 原稿用紙を買う
第5章
「無言館」の庭から③ 「残照館」の夕陽

著者プロフィール

窪島 誠一郎 クボシマセイイチロウ

1941年、東京生まれ、父親は小説家の水上勉。戦没画学生慰霊美術館「無言館」「信濃デッサン館」館長、作家。『「無言館」ものがたり』(講談社、サンケイ児童出版文化賞)を始め、太平洋戦争に出征した画学生や夭折した画家の生涯を追った著作、父との再会や晩年を語る多くの作品で知られる。

関連情報

現在はありません