「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

戦争と芸術

戦争と芸術

「いのちの画室(アトリエ)から」

センソウトゲイジュツ

著 者
ISBN
978-4-87699-873-9 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
128頁
発行年月日
2005年05月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

「立命館大学国際平和ミュージアム」と戦没画学生慰霊美術館「無言館」の館主が、戦争と芸術、戦争体験の継承について語り合った。

著者プロフィール

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

窪島 誠一郎 クボシマセイイチロウ

1941年、東京生まれ。信濃デッサン館、無言館館主、作家。
印刷工、店員、酒場経営などを経て、1964年、東京都世田谷区に小劇場「キッド・アイラック・アート・ホール」を設立。
1979年に長野県上田市に夭折画家のデッサンを展示する「信濃デッサン館」を、1997年に戦没画学生慰霊美術館「無言館」を、2005年に京都市の立命館大学国際平和ミュージアム内に「無言館京都別館・いのちの画室」を開設。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。