「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

続・こころの作文

続・こころの作文

綴り、読み合い、人として生きていくことを励まし合う

ゾク・ココロノサクブン

著 者
勝村 謙司 川地 亜弥子:解説
ISBN
978-4-7803-1185-5 C0037
判 型
A5判
ページ数
180頁
発行年月日
2021年09月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

安井小学校、全学年10年間の取り組みを子どもの作文を通して紹介。
前著『こころの作文』では、生活綴方(作文)を通して、子どもたちの生きる意欲や思いやりの心が育まれていく過程を、堺市安井小学校の実践を通して伝えました。続編の本書では、自己の成長に重きをおいた生活綴方について、安井小学校に加え、新金岡東小学校、暁光高等学校の実践を取り上げます。
コロナ禍、一斉休校の中での取り組みも載っています。コロナ禍でも学びを保障する手立てとしてオンライン学習に注目が集まっています。義務教育では一人一台の端末配布がおこなわれ、ICTはうまく使えば子どもたちの助けになります。しかし本書では、どんな道具を使うかに関わらず、そもそも学校で、生身の人間が仲間や教師とともに学ぶ意味とは何かを改めて考えることができます。
学校関係者はもちろん、学童保育指導員、教員志望者、保護者の方々などにもぜひ読んでいただきたい1冊です。

目次

はじめに
1章
安井小の子どもの生活と表現
2章
生活綴方と学び
エピローグ

著者プロフィール

勝村 謙司 カツムラケンジ

堺市立安井小学校講師

川地 亜弥子 カワチアヤコ

神戸大学大学院 人間発達環境学研究科准教授

関連情報

現在はありません