「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

男性養護教諭がいる学校

男性養護教諭がいる学校

ひらかれた保健室をめざして

ダンセイヨウゴキョウユガイルガッコウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0848-8 C0037
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2016年08月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

全国に65人(全体の0.16%、本務者のみ)。マイノリティである男性養護教諭たちが、子どもや保護者、同僚とともに行っている実践をとおして、保健室に男性養護教諭がいることの意味を具体的に語ります。
養護教諭を志した経緯や日々の悩みなど、現職者・退職者のライフヒストリーや座談会などでまとめました。

目次

第1章:
男性養護教諭がいる保健室へようこそ
第2章:
「男」の養護教諭:歴史と養成と現在
第3章:
5人の現職者による実践報告―出身学部・校種別に
第4章:
座談会・男性養護教諭

編集者からのコメント

保健室に男性がいることの意味を、専門性と多様性の観点から描いた日本初の本です。養護教諭の仕事の大切さが増すなかで、「複数配置」を求める声が高まり、男女ペアの保健室ワークが開かれる可能性を感じています。

著者プロフィール

川又 俊則 カワマタトシノリ

鈴鹿大学短期大学部教授。専門は社会学。養護教諭・幼稚園教諭・放課後児童指導員等の養成、地域社会と宗教、教育とLGBT、さまざまな後継者等の調査研究に従事する。らくご好き。

市川 恭平 イチカワキョウヘイ

2010年名古屋市教育委員会初の男性養護教諭として正規採用。現在、名古屋市立天白養護学校。男性養護教諭友の会事務局長(2015年〜)、思春期保健相談士。ダンスインストラクターの経験をもつ踊れる養護教諭。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

教育家庭新聞[2016年11月21日]に紹介

中日新聞[2016年8月25日]に紹介

中日新聞[2016年8月3日]に紹介