「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

医療関連死を科学する

医療関連死を科学する

オーストラリア・ビクトリア州における行政解剖制度の調査報告

イリョウカンレンシヲカガクスル

編著者
ISBN
978-4-7803-0127-4 C0047
判 型
A5判
ページ数
80頁
発行年月日
2007年10月
価 格
定価(本体価格800円+税)
ジャンル

内容

異状死の原因を徹底究明し、再発を防止する第三者機関のモデルがここにあった!
頻発する医療事故!真相究明を求める遺族!現場で苦闘する医療関係者が、国民の信頼に応える制度づくりへ、真剣な模索を開始した。
ビクトリア州では、専門家であるコロナーによる死因究明の制度があり、異状死はすべて届け出される。医療関連死のうち七割から八割が解剖に付される。死因の究明のため、法廷が開かれる場合もある。国民多数がこの制度を信頼し、それを可能にする人員と予算が与えられているのである。
その全貌を明らかにし、日本のあるべき制度を提言します。

目次

はじめに
1
ビクトリア法医学研究所
2
コロナーの任務と活動
3
コロナー法廷
4
臨床連絡サービス
5
CLSケース検討会
6
国立コロナー情報システム
7
ヘルスサービス・コミッショナー
8
医師免許登録委員会
9
臨床法医学者が語る
10
弁護士が語る医療紛争の現状と解決の方法
11
ジャーナリストが語るマスコミと医療
12
倫理学者が語る外科手術の成績の公表
13
アルフレッド病院・モナシュ大学医療安全研究所
調査団の構成と日程および感想
資料

著者プロフィール

全日本民主医療機関連合会 視察団 ゼンニホンミンシュイリョウキカンレンゴウカイシサツダン

略称:民医連(ミンイレン)
1953年6月 結成
地方組織である都道府県民主医療機関連合会と直接加盟医療機関をもって組織をしている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません