「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

被爆者医療から見た原発事故

被爆者の思いを胸に

原爆症認定集団訴訟をともに闘った医師たちの勝利の軌跡

ヒバクシャノオモイヲムネニ

著 者
ISBN
978-4-7803-0623-1 C0036
判 型
A5判
ページ数
316頁
発行年月日
2013年05月 
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

内容

「内部被ばくは影響しない」「爆心地からと遠かったから大丈夫」ー。
政府のこうした認定基準によって、原爆症と認められないまま、少なくない被爆者が苦しんでいた。「集団で訴訟を起こし、国の基準を変えよう」と開始され、勝利した集団訴訟。その訴訟を支えた医師たちの闘いはそんなものだったのか、どんな意味があったのか。福島の闘いにつながる貴重な記録である。
原爆症認定集団訴訟の記録『にんげんをかえせ』DVD付き

目次

Ⅰ発刊によせて
原爆症認定集団訴訟とは何か
Ⅱ座談会
医師たちはこうして訴訟を勝利に導いた
Ⅲ取り組みの経過
医師たちはどう闘ったか
Ⅳ各地の取り組み
こう闘った、こう勝利した
資料

斉藤とも子さん・推薦文

「被爆者の体と言葉の中にこそ真実がある」
そう思った医師たちは、まず、目の前の被爆者に寄り添い、耳を傾けた。はじめは消去的だった医師たちが、勇気を振り絞って、震えながら、証言台に立つ。医師たちを、闘わずにはおれない気持ちにさせたものは、何だったのか・・・。
死者と生者がひとつとなって訴えた、ほんとうのこと。これは、福島につながる、貴い記録です。

著者プロフィール

全日本民主医療機関連合会 ゼンニホンミンシュイリョウキカンレンゴウカイ

無差別・平等の医療と福祉の実現をめざす医療・介護事業所などが加盟する組織。事業所は全国に1800余。地域に根ざして保健・医療・福祉の総合的な活動、安心して住み続けられるまちづくり運動を進めている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません