「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

みなまたは終わっていない

みなまたは終わっていない

2009〜10年大検診の記録

ミナマタハオワッテイナイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0404-6 C0036
判 型
A5判
ページ数
192頁
発行年月日
2010年12月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

144人の医師が1000人を検診
「公害の原点」=水俣病。しかし、実態調査について国は「患者の掘り起こしになる」と拒否。予想外の認定希望者が出ると、対象地域や年度を制限し、実態を隠した。これに対し、144人の医師などが1000人を対象に検診を実施した。
苦しみ、差別される被害者の実像
結果は、90%に症状が見られ、今なお多くの被害者が放置され、差別されている現実だった。その中から20人の証言を取り上げる。他の地域に引っ越した人の調査も急務である。政府の特措法では解決しないことがわかる。
医師従事者の良心を問う必読の書
調査には全国から看護婦、スタッフの600人も参加。聞き取り、検診活動を通じて、医療従事者として何をすべきか、自覚を高めてくる。全国で検診や被害者救済の取り組みが広がっている。それに関する20以上の証言も掲載した。。

目次

1、
原田正純の言葉
2、
大検診のルポルタージュ
3、
被害者20人の証言記録
4、
医療スタッフ20人の想い
5、
患者会の人々の想い
6、
現地医療関係者の想い
7、
特別措置法の限界

編集者のコメント

特措法で終わったと思われていた水俣病。しかし、被害地域も限定され、生まれ年も限定され、そこからはずれた人は、苦しみながら生きています。その実態がリアルに分かります。

著者プロフィール

原田 正純 ハラダマサズミ

水俣病が発生したとき、政府・企業が総出で原因解明を妨害する中で、熊本大学医学部の医者として良心を貫き、チッソが原因であることを告発し、被害者のために献身した。

全日本民主医療機関連合会 ゼンニホンミンシュイリョウキカンレンゴウカイ

略称:民医連(ミンイレン)
1953年6月 結成
地方組織である都道府県民主医療機関連合会と直接加盟医療機関をもって組織をしている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません