「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

生まれてこないほうがいい命なんてない

生まれてこないほうがいい命なんてない

「出生前診断」によせて

ウマレテコナイホウガイイイノチナンテナイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0677-4 C0036
判 型
四六判
ページ数
80頁
発行年月日
2014年02月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

精巧で確率の高い「出生前診断」が導入された。生まれてくる新しい命を診断で摘むより、ダウン症・障害のある人すべての人が生きやすい社会をつくるのが先ではないかと、ダウン症者本人が命の選別という誤った動きに警鐘を鳴らす。

目次

1章
かぎりある命びために
2章
生まれてこないほうがいい命なんてない  
3章
青春のあしあとから そして今……
4章
命の灯を受け継ぐ
おわりに

著者プロフィール

岩元 綾 イワモトアヤ

1973年、鹿児島市生まれ。鹿児島女子大学(現在/志学館大学)英語英文科卒。98年、ニュージーランドのオークランド市で開かれた「第3回アジア太平洋ダウン症会議」に参加し、英語でスピーチする。2006年、カナダのバンクーバーで開かれた「第9回世界ダウン症会議」に参加、「ダウン症世界会議賞」を受賞する。現在、障害者団体や学会、看護学校、大学、各地の福祉協議会に呼ばれ講演、交流をし、ダウン症や「出生前診断」などについて理解を広げる活動を続けている。
岩元 綾さんのHPはこちらから

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

朝日新聞[2014年4月20日]に紹介

朝日新聞[2014年4月20日]に紹介

朝日新聞[2014年4月4日]に紹介

南日本新聞 [2014年3月3日]に紹介

南日本新聞[2014年3月3日]に紹介

南日本新聞 [2014年3月3日]に紹介