「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない

安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない

野党共闘の可能性を探る

アベセイケンハタオレタガタオシタノデハナイ

著 者
ISBN
978-4-7803-1125-9 C0031
判 型
四六判
ページ数
144頁
発行年月日
2020年10月 
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

保守革新の垣根を超えて安倍政治の抱括的分析を行い、引き継ぐ新政権と日本の向かう道を探る
安倍氏国政登場した1993
冷戦が終了し、資本主義は行き詰まり、自民党一党支配が揺らぎ、戦後民主主義は危機に直面していた。その新しい構造変化に対し、他の保守政治家にはできなかった対応をしたのが安倍氏であった。そこを正確に見抜かなければ、安倍的な政治への対抗軸は見えてこない。

目次

まえがき
安倍氏の選択は他の保守政治家を超えた
安倍氏が登場した九〇年代初頭の構造変化とその意味
安倍氏は変化にどう対応したかー第一次政権失敗を踏まえて
野党が菅政権を「倒せる」条件はどこにあるのか
あとがき
菅氏に固有の「弱み」は何か

著者プロフィール

松竹 伸幸 マツタケノブユキ

編集・ジャーナリス、日本平和学会会員(専門は日本外交・安全保障論)、「自隊を活かす会(代表=柳澤協二)事務局長。1955年、長崎県生まれ。兵庫県立神戸高校卒、一橋大学社会学部卒。

関連情報

現在はありません