「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

9条「加憲」案への対抗軸を探る

9条「加憲」案への対抗軸を探る

キュウジョウ「カケン」アンヘノタイコウジクヲサグル

著 者
ISBN
978-4-7803-0968-3 C0036
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2018年06月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

安倍首相の「魔球」を前にして反発し合うのか協力し合うのか
国民多数が憲法の平和主義も自衛隊も支持していることをふまえ、1項も2項もそのままで自衛隊だけを明記する「加憲」案。
伝統的な護憲派、新9 条論者、改憲的護憲や立憲的改憲の提唱者が相互に相手を批判しつつも、協力の道を探った。

目次

はじめに
第一部
私の対抗軸
伊勢﨑=「戦力」の人道犯罪を裁く
伊藤= 自衛隊違憲論には意義がある
松竹=9 条と自衛隊が共存する道筋
山尾= 立憲的改憲による矛盾の解決
第二部
公開討論会
立憲主義と自衛権をめぐる議論
自衛隊の国際人道法違反を裁く仕組み
法律でできることと改憲が必要なこと
立場が違っても協力し合えるのか
第三部
討論を終えて

著者プロフィール

伊勢崎 賢治 イセザキケンジ

元国連平和維持軍武装解除部長・現東京外大教授 東チモールで県知事として国連平和維持軍(PKO)を統括(2000年〜) シェラネオネでPKO武装解除部長として5万人から武器取り上げ(2001年〜) アフガニスタンで日本政府代表として6万余人を武装解除(2003年〜)

伊藤 真 イトウマコト

伊藤塾塾長・弁護士・法学館法律事務所所長・法学館憲法研究所所長、日弁連憲法問題対策本部副本部長世話人。

松竹 伸幸 マツタケノブユキ

日本平和学会会員、日本ジャーナリスト会議出版部会世話人

山尾 志桜里 ヤマオシオリ

初代アニー。東大法学部卒、検察官を経て、衆議院議員。衆議院憲法審査会委員。立憲民主党憲法調査会役員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません