「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

不登校支援ネットワーク

不登校支援ネットワーク

フトウコウシエンネットワーク

編著者
ISBN
978-4-87699-785-5 C0037
判 型
A5判
ページ数
248頁
発行年月日
2004年01月 
価 格
定価(本体価格2,300円+税)
ジャンル

内容

本音で語り合う父母たち
わが子の不登校という事実を前にして、本音で語り合う父母たちの集まり。担任やスクール・カウンセラー・ラーニング・アシスタントがチームを組み、子どもとかかわる新しい学校づくり。不登校の子どもたちとともに、新しい人間関係を模索する青年・学生たち。居場所づくりの取り組みの広がりとNPO活動。子ども、親、教員、学校関係者、心理専門職、学生、青年たちによる世代を越えたネットワークの試みがここに。ー29人の書き手による京都からの発信。

目次

はじめに            
————————————————————————————————
第1部 支えあう親と地域のネットワーク
————————————————————————————————
1親の会の性格・機能・役割
 セルフヘルプ・グループとしての「親の会」の意義 10

2わが子の不登校と親の会の活動
 「登校拒否・不登校を考える京都連絡会」の取り組み 20
 [親の手記・1]私にとってよい経験でした 30
 [親の手記・2]待ち続けてよかった 32

3親の会の活動——その具体像
 「登校拒否の子どもと育つ父母の会」の取り組み 34
 [親の手記・3]すべては現在進行形 44
 [親の手記・4]子どもはおもしろい 46
4親の会に学ぶ教師たち(小学校)
 あるがままの自然体でかかわる 48

5親の会に学ぶ教師たち(中学校)
 私と「父母の会」の出会い、成長 53
 [親の手記・5]このままでは不登校はなくならない 60
 [親の手記・6]成人式を迎えたわが子 62

6教師・わが子の不登校と親の会(1)
 「大事な忘れもの」は……「宝もの」 65

7教師・わが子の不登校と親の会(2)
 教師再生への胎動 75
 [親の手記・7]理解者シジミを越せなかった父母 82

————————————————————————————————
第2部 学校におけるネットワーク支援
————————————————————————————————
1学校におけるネットワーク支援
 不登校の多様化・複合化と支援ネットワーク 86

2学校内の教育相談システム
 生徒の心に向きあえる教育をめざして 96

3スクールカウンセラーのいる学校
 スクールカウンセラーの試み 112

4養護教諭の試み
 定時制高校保健室からの発信 122

5小学校担任の試み
 やさしさに包まれて 133

6中学校担任の試み
 ほどよい普通の学校 142

7高校担任の試み
 Aくんと歩んだ一年 152

8チーム会議におけるコンサルテーションの試み
 学校における教師とカウンセラーとの連携のあり方 164

————————————————————————————————
第3部 居場所づくりと子育てネットワーク
————————————————————————————————
1居場所にかかわる人びと
 居場所づくりとかかわる主体の成長 176

2居場所づくりの試み
 親たちがつくった子どもの「居場所」 187

3子どもが主人公の居場所づくり
 「おきらくパルプンテ」の試み 201
 親子支援ネットワーク「あんだんて」 220

4人間関係づくりに取り組むNPO
 NPO法人ふらっとの試み 224
 ラーニングアシスタント(LA)の試み 236
————————————————————————————————
あとがきにかえて 240

著者プロフィール

高垣 忠一郎 タカガキチュウイチロウ

1944年、高知生まれ。京都大学教育学部卒業。専攻、臨床心理学。大阪電気通信大学教授を経て、現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。

春日井 敏之 カスガイトシユキ

1953年、岐阜県生まれ。京都府内の公立中学校教諭として23年間勤務ののち、現在、立命館大学文学部哲学科教育人間学専攻助教授。専攻は臨床教育学。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません