「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

3.11 生みの苦しみによりそって

3.11 生みの苦しみによりそって

原発震災と登校拒否

3.11ウミノクルシミニヨリソッテ

著 者
ISBN
978-4-7803-0528-9 C0011
判 型
四六判
ページ数
232頁
発行年月日
2012年03月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

原発震災で傷ついた日本社会をカウンセリングする
2011年5月、著者は大阪で開かれた登校拒否を克服する会の交流会で、標記のテーマで講演を行った。
地震・津波という自然災害と、高度成長の日本の象徴でもあった原発事故を、どう受けとめれば良いのか。登校拒否の子どもと同じように、日本社会が悲鳴を上げているいま、その来し方に耳を傾け、生き直しの道を探る。

目次

序章◎
ゴジラと原発震災
1章◎
「3・11」は問いかける
2章◎
人間は「生きもの」であることに思いを馳せる
3章◎
登校拒否の子どもの「復興支援」
4章◎
人間はなぜ「生きもの」であることを忘れたのか
5章◎
高度成長時代を生きてきて
6章◎
日本の大きな変わり目
7章◎
モータリゼーションと学歴社会
8章◎
成長神話と原発神話
9章◎
新しい生き方を考える
終章◎
3・11生みの苦しみによりそって

編集者のコメント

震災直後の5月、著者は大阪で開かれた登校拒否・不登校の子どもの親の会で標題の講演を行い、大きな反響があった。登校拒否の子どもが増加した時期と原発が拡大された時代は重なる。いま悲鳴を上げている日本を子どもの姿に重ね、生き直しのためのカウンセリングを試みる。

著者プロフィール

高垣 忠一郎 タカガキチュウイチロウ

1944年、高知生まれ。京都大学教育学部卒業。専攻、臨床心理学。大阪電気通信大学教授を経て、現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません