「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

カウンセリングを語る

カウンセリングを語る

自己肯定感を育てる作法

カウンセリングヲカタル

著 者
ISBN
978-4-7803-0401-5 C0011
判 型
A5判
ページ数
236頁
発行年月日
2010年12月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

先生の授業は私のカウンセリングだった・・・
立命館大学の人気講義を一冊に。こころに時代と言われるなかで、世のカウンセリングに対する誤解を解き、自らの物語を生きる心を支える。

目次

第1章
カウンセリングとは、どういうことか?
第2章
カウンセリングと物語ー生きるとは自分の物語をつくること
第3章
今日の社会とカウンセリング(1)
第4章
今日の社会とカウンセリング(2)
第5章
カウンセリングの基本問題
第6章
カウンセリングの人間観と基本的態度
第7章
カウンセリングの展開プロセス
第8章
クライエント(来談者)中心療法
第9章
認知療法
第10章
交流分析
補章
学生たちは「カウンセリング論」の授業をどう受けとめたか

読者の声

投稿者:男性

評価: ☆☆☆ ☆☆
この本は本当に最高傑作です。これまで臨床やカウンセリングの本を読んできましたが本当にすばらしい。私が普段思っていることをすべて言葉にしてくれている。高垣さんの人間味があふれています。大学生で一生ものの本と出会えました。ありがとう。

投稿者:53歳 男性 高校教師

評価: ☆☆☆
カウンセリングの本質をわかりやすく教えていただけた。今年から教育相談の担当者となって、ことの基本がわからずにいましたが、この本で目からウロコの落ちた観がします。

投稿者:41歳 女性 幼稚園教諭

評価: ☆☆☆
高垣先生のあたたかい人柄が伝わってくる文章で、大変、読みやすく、どんどん引き込まれていきました。カウンセリングの奥深さを感じることができました。私も仕事に、そして子育てに活かしていけたらと思いました。

まえがきより

親や教師がカウンセラーになる必要はありませんし、また、そうなることが適切だとも思えません。しかし、カウンセリングの思想や関係から学べるものを、子どもや若者たちとの関係において有効に生かすことができるようならば、自己否定の思いにとらわれ、生きづらさを感じたり、苦しんでいる多くの子どもや若者たちにとっては、大きな救いになるのではないでしょうか。

あとがきより

他者によって共有してもらえない物語は、印画紙に影を刻めぬ「イメージ」のように、薄れていきます。忘れられていきます。かくして自分の物語を見失う若者たちが登場してくるのではないでしょうか。自分の気持ちは、それが語られ、他者にそれを受けとめられ、共有されて、はじめて物語としてくっきりとしたまとまりをもってくるのです。私の「カウンセリング論」は、そういう問題を考えてほしくて、語ってきたものです。

著者プロフィール

高垣 忠一郎 タカガキチュウイチロウ

1944年、高知生まれ。京都大学教育学部卒業。専攻、臨床心理学。大阪電気通信大学教授を経て、現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません