「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「原爆症」

「原爆症」

罪なき人の灯を継いで

ゲンバクショウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0103-8 C0036
判 型
A5判
ページ数
104頁
発行年月日
2007年05月 
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

著者は、医師として30年余り被害者に寄り添い、その心と体に刻まれた原爆の傷を看続けてきた。そのなかで出会った被爆症患者たちの、過酷な被爆の実相と、その苦しみと闘いながら生き抜いてきた姿を描く。また、原爆症認定集団訴訟の証言台に立った医師として、原爆症の何たるかを説き、国の冷徹な認定基準を告発する。そこには、医師であるがゆえに、誰にも言えなかった被爆者たちの心の奥底からの叫びが聞こえてくる。

目次

プロローグ
第一章
被爆者から引き継ぐ灯
第二章
『原爆症』とは
第三章
厳しく、あいまいな認定基準
第四章
ABCCの影
第五章
原爆症認定集団訴訟の支援の中で
エピローグ

著者プロフィール

郷地 秀夫 ゴウチヒデオ

1947年、広島県賀茂郡西条町(現東広島市)に生まれる。
1973年、神戸大学医学部卒業後、精神科、神経内科、リハビリテーション科、一般内科、穏和医療等に携わりながら、被爆者医療に取り組んできた。
2003年から神戸健康共和会・東神戸診療所所長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません