「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「気になる保護者」とつながる援助

「気になる保護者」とつながる援助

「対立」から「共同」へ

キニナルホゴシャトツナガルエンジョ

著 者
ISBN
978-4-7803-0185-4 C0037
判 型
A5判
ページ数
184頁
発行年月日
2008年05月 
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

気になる親とどうつながるか
モンスターペアレントと言わないで。気になる保護者の事例から、発達障害や虐待などの背景を明らかにし、かかわり方を提案する。

目次

第1部
■「気になる保護者」とその社会的背景
第1章「気になる保護者」の諸相
第2章「気になる保護者」の問題の社会的背景
第2部
■「気になる保護者」の抱える個人的要因
第1章「気になる保護者」と発達障害
第2章「気になる保護者」の抱える傷つきや葛藤を考える
第3章「気になる保護者」とパーソナリティー障害
第4章「気になる保護者」と精神疾患
第3部
■「気になる保護者」とのかかわりを考える
第1章「気になる保護者」への共感的理解と援助の課題
第2章保護者との平和的な関係を築いていくために
第3章保護者との連携が著しく困難な場合
第4章感情労働としての教師、保育士、指導員の仕事

読者の声

投稿者:女性 学童保育指導員

評価: ☆☆☆
学童の指導員をしていて、一番苦慮するのが保護者の対応と、児童の理解です。対人恐怖症に陥りそうになるほど不安になったこともあります。本書を読んで、少しは気持ちが楽になりました。何度も読んで、理解を深める一助にさせていただきます。

投稿者:女性 学童保育指導員

評価: ☆☆☆
私は、学童指導員です。先生の本は、私のバイブルとなっています。仕事上、障がいをもつ子ども、またいろいろな保護者、学校の先生と関わりをもっていく上で、いつもいつもくり返し、本を開き勉強しています。なくてはならない本です。今年は先生の本の気になる保護者への支援を参考に“母への支援”に力を入れていきたいと思っています。私は、2010年、先生の講習会に参加し、先生の大ファンになりました。今年の認定講習会7/8中国大会も必ず行きます。また会える日を楽しみにしています。

著者プロフィール

楠 凡之 クスノクヒロユキ

1960年、大阪生まれ。
1989年、京都大学教育学研究科博士課程満期退学。
1992年、北九州市立大学文学部に専任講師として赴任。
1994年より北九州市立大学文学部人間関係学科助教授、2005年より同教授。
現在、全国生活指導研究協議会指名全国委員、北九州子育て支援と子ども文化ネットワーク代表、日本生活指導学会理事。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません