「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子育てはいつもスタート

子育てはいつもスタート

もっと“親”になるために

コソダテハイツモスタート

著 者
ISBN
978-4-7803-0205-9 C0037
判 型
四六判
ページ数
128頁
発行年月日
2008年08月 
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

保育所や児童施設でたくさんの母子を見守り、子育ての悩みを聞き続けてきた著者が、4年にわたって毎週『あいあいA-京都』紙に連載している「子育てどうします?」から“不出来な親”と“じっと親の成長を待っている子ども”とがいっしょに育つためにヒントを、いっぱいあつめて1冊にしました。

目次

【はじめに】
子育ては、こどもの「兆し」を探す旅
【1】
子育ては失敗の連続、でも、子どもは親の失敗を許してくれる存在です
[コラム1]子どもも親も無理をせず
【2】
子どものメッセージはクロスワードパズル。イソガシイときこそ想像力で解いてみよう
【3】
子どもの育ちのもととなるもの。「自然に力を身につける」条件とは
[コラム1]子どもの育ちに必要な体験
【4】
子育てに見通しをもつために——子どもが自分で見通しをつくることができるまで
【5】
折りあいをつけながら一つひとつ卒業していく学童期の子どもの発達

編集者のコメント

「京都のお母さんたちに、絶大な信頼を得ている」(小学館「edu」2008-7より)著者が、朝日新聞京都版に 2004年11月から毎週連載している「子育てどうします」をもとに、親になりきれない親と、親になるのを待ってくれる子どもとが、一緒に育っていくためのメッセージをまとめました。

著者プロフィール

池添 素 イケゾエモト

1950年京都市生まれ。平安女学院短期大学卒。京都市職員(醍醐和光寮、若杉学園、保育所、児童福祉センター療育課)を経て、1994年「らく相談室」開設。現在、らく相談室主宰。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません