「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

キムの十字架の発見

キムの十字架の発見

戦争と民族を書きつぐ旅

キムノジュウジカノハッケン

著 者
ISBN
978-4-7803-0406-0 C0095
判 型
四六判
ページ数
256頁
発行年月日
2010年11月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

約90冊の著書を持つ児童文学作家の遍歴。とりわけ「想い出のアン」「キムの十字架」など、松代大本営工事への朝鮮人強制連行を始め、戦争と民族を書きつぐようになった軌跡をつづる。韓国併合100年の年に送る問題提起の書。

目次

一、
ムカフノ山ニノボッタラ、文学ガアッタ〜ぼくの履歴書こと始め
二、
“空から降りて来い”から、マツシロへ〜動き続けぬ者は破れる
三、
「想い出のアン」から「キムの十字架」へ〜軍靴と受難の群像
エピローグ
語り残しの断章
〜「恨」と「赦し」、「キムの十字架・2」へ

正誤表

69,76,77頁を、以下のように訂正します。

「阿部公房」
「安部公房」

著者プロフィール

和田 登 ワダノボル

1936年長野市に生まれる。信州大学教育学部卒。小学校に勤務の傍ら児童文学中心に書き継ぐ。早期退職後、信州大学教育学部・上田女子短大の非常勤講師を経て現在は著述に専念。信州児童文学会副会長、日本児童文学者協会評議員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません