「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

子ども理解のカンファレンス

子ども理解と自己理解

コドモリカイトジコリカイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0513-5 C0037
判 型
四六判
ページ数
232頁
発行年月日
2012年02月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

ナラティブ・コミュニティ・セルフ……「話しことば」でしか伝えられないたいせつなこと。
臨床教育学を提起した著者の、近年の「語り」や「対話」から生まれた、おとなの思想としての子ども理解、臨床教育学のカリキュラム構想、カンファレンス論、震災と教育論、などをまとめた。

目次

はじめに
子ども理解はおとなの思想の根本問題
第1章
子供たちの声を聴く
第2章
現代の貧困と子ども理解
第3章
子ども理解と教師の養成・教育の改革
第4章
子どもだった私
第5章
教育学のあり方を探る
おわりに
「3.11」後の世界を子どもたちとともに生きる

編集者のコメント

育学・教育哲学の再生をめざす著者の「対話」「講義」に、人間を考えることの深みが滲み出る「おとなの思想書」

著者プロフィール

田中 孝彦 タナカタカヒコ

武庫川女子大学教授。日本臨床教育学会会長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

経済・5月号に紹介

高校・ひろば83号に紹介

クーヨン【2012.4月号】に紹介