「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

かみつきをなくすために PART2

新版 からだの“おかしさ”を科学する

すこやかな子どもへ 6つの提案

シンパンカラダノオカシサヲカガクスル

著 者
ISBN
978-4-7803-0669-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2013年12月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

いるいる!そんな子、うちの子
アレルギー すぐ“疲れた” 平熱36℃未満 夜、眠れない 背中ぐにゃ…
体育科学博士が、子どものからだと心の診断を“実感”から始め、自律神経、前頭葉、貧血、体温、睡眠、姿勢など背後に潜む真相を突き止め、その解決策を提案する。「ちょっと教えてQ&A」も。旧版に新知見を加えて大幅増頁。

目次

第1部
“実感”からはじめるからだと心の診断
プロローグ
“実感”を基にした“事実”の追究
第1章
自律神経問題:すぐ“疲れた”という子どもたち(1)
第2章
前頭葉問題:すぐ“疲れた”という子どもたち(2)
第3章
貧血傾向問題:すぐ”疲れた”という子どもたち(3)
第4章
体温問題:やる気が湧かない子どもたち,頑張りすぎの子どもたち
第5章
睡眠問題:眠れない子どもたち
第6章
姿勢問題:“からだのおかしさ”の代表格…!?
第7章
体力問題:子どもの“体力低下”の真相…!
エピローグ
“おかしさの連鎖”をくい止め,21世紀を「子どもの世紀」にしよう!
第2部
子どものからだと心・ちょっと教えてQ&A

著者プロフィール

野井 真吾 ノイシンゴ

1968年、東京生まれ。日本体育大学大学院修了、体育科学博士。東京理科大学理工学部専任講師、埼玉大学教育学部准教授を経て、現在、日本体育大学教授、子どものからだと心・連絡会議議長、雑誌『保健室』常任編集委員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません