「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもの“からだと心”クライシス

子どもの“からだと心”クライシス

「子ども時代」の保障に向けての提言

コドモノカラダトココロクライシス

著 者
ISBN
978-4-7803-1174-7 C0037
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2021年08月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

「子ども時代」を輝かせるための議論と実践を。
前頭葉,自律神経,体温調節,睡眠,覚醒,など種々の身体機能の「おかしさ」,加えてスクリーン漬け毛の生活・・・人類史上初の難局とも言える。
克服するためのキーワードは,「光・暗やみ・外遊び」「ワクワク・ドキドキ」「よい加減」にあった。
子どもの「からだ研究」の到達点を示す本書を基に,「子ども時代」を輝かせるための議論と取り組みを!

目次

prologue
子どもの「からだと心」に関する世間の心配とその正体
第1部
“からだのおかしさ”の現実
第2部
“からだのおかしさ”からのメッセージ
epilogue
子どもの「からだ研究」における私たちの研究手法

著者プロフィール

野井 真吾 ノイシンゴ

1968年、東京生まれ。日本体育大学大学院修了、体育科学博士。東京理科大学理工学部専任講師、埼玉大学教育学部准教授を経て、現在、日本体育大学教授、子どものからだと心・連絡会議議長、雑誌『保健室』常任編集委員。

関連情報

現在はありません