「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

学童保育(放課後児童健全育成事業)

学童保育(放課後児童健全育成事業)

よくわかる子ども・子育て新制度 2
かもがわブックレット 197
ガクドウホイク(ホウカゴジドウケンゼンイクセイジギョウ)

編著者
ISBN
978-4-7803-0708-5 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2014年07月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

新しい「子ども・子育て新制度」の中で、学童保育(放課後児童健全育成事業)はどう変わるのか。
自治体で実現したい内容を省令と事例から提案。

目次

はじめに
第1章
小学生の放課後対策、何を考えるべきか
第2章
各地の放課後施策、学童保育の実際
1 学童保育・はまっ子・キッズの三事業[横浜市]
2 学童保育・全児童ともに専用施設と職員で[守口市]
3 指導員の専門性・常勤職員としての処遇[大津市]
4 2つの小学校に5つのクラブを常勤職員で[大山崎町]
第3章
条例化を考える視点
1 学童保育を権利としてとらえる
2 児童福祉施設としての学童保育所
3 指導員の資格と専門性
4 子ども集団の適正規模と指導員の員数(配置基準)
5 施設・設備の基準
6 事業内容その他

著者プロフィール

保育行財政研究会 ホイクギョウザイセイケンキュウカイ

構成メンバー
中山 徹(保育行財政研究会代表・奈良女子大学)
木村 雅英(自治労連・地方自治問題研究機構)
杉山(奥野) 隆一(大阪保育研究所、佛教大学)
柴田 聡子(大阪学童保育連絡協議会)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません