「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

学童保育と子ども・子育て新システム

学童保育と子ども・子育て新システム

かもがわブックレット 181
子どもたちの放課後はどうなる?

ガクドウホイクトコドモ・コソダテシンシステム

編著者
ISBN
978-4-7803-0440-4 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2011年04月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

現在議論が行われている「子ども・子育て新システム」のなかで、学童保育はどう位置づけられ、どう変えられようとしているのか。保育制度と違って基盤の弱い学童保育関係者にとっては、「これで少しでもよくなるのでは」と期待する向きもないわけではない。しかし、そうした改善の条件が新システムの枠内で行われることは、子どもの放課後保障全体を企業化の方向に進めることになるのではないか。学童保育のあり方・ケアと発達保障の原理から、新システムの問題を明らかにする。

目次

1章
「新システム」と学童保育
2章
学童保育制度改革の二つの道
ー学童保育運動が創造・発展させてきた実践の文化や理論の到達点からー
3章
「新システム」の概要とこども園
資料
「放課後児童給付」など

著者プロフィール

丸山 啓史 マルヤマケイシ

京都教育大学

石原 剛志 イシハラツヨシ

静岡大学

中山 徹 ナカヤマトオル

奈良女子大学生活環境学部助教授
都市計画学・地方計画学専攻、工学博士
(社)大阪自治体問題研究所副理事長・大阪保育運動連絡会会長
1959年 大阪に生まれる
1982年 関西大学工学部卒業
1989年 京都大学大学院博士課程修了
1996年 4月より現職

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません