コロナ後の世界

コロナ後の世界

世界を一歩前進させるために

著 者

鈴木 元

ISBN

978-4-7803-1103-7 C0036

判 型

四六判

ページ数

336頁

発行年月日

2020年07月

価 格

定価(本体価格2,200円+税)

ジャンル

政治・社会・労働

コロナ問題を軸に広い国際的視野と深い歴史的洞察に基づき現代世界を分析、展望を語る。
一国主義から脱した責任ある民主主義の国際協調を訴える。

第一部◉新型コロナウイルスと、新しい世界秩序の展望
第二部◉コロナ発生前に起こっていた数十年、数世紀ぶりの世界の構造変化
第三部◉資本主義の危機と将来、コロナ恐慌とその後の展望
第四部◉西洋中心、感染症を無視してきた世界史の見直し
第五部◉世界を一歩前進させるために

鈴木 元
1944年8月8日生まれ。立命館大学一部経済学部卒業。立命館総長理事長室室長、中国(上海)の同済大学アジア太平洋研究センター顧問教授などを歴任。現在、日本ペンクラブ会員、日本ジャーナリスト会議会員、国際環境整備機構理事長。

関連書籍・記事

ポスト資本主義のためにマルクスを乗り越える

ポスト資本主義のためにマルクスを乗り越える

もう一つの大学紛争

もう一つの大学紛争

芦生の森から 改訂版

芦生の森から 改訂版