「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

高次脳機能障害 判例の分析と検証

高額判決を導く弁護士の立証法 上

コウガクハンケツヲミチビクベンゴシノリッショウホウジョウ

著 者
ISBN
978-4-7803-1163-1 C3032
判 型
A4判
ページ数
504頁(オールカラー)
発行年月日
2021年06月
価 格
定価(本体価格18,000円+税)
ジャンル

内容

 弁護士の緻密な立証をサポート 
交通事故で最も深刻な高次脳機能障害について175件の判例を徹底分析し高額判決の秘訣を解明。弁護士の立証方を示す実用書、類書はない。

目次

重度後遺障害の対応について
(1)後遺障害の立証では
(2)弁護士の選択は
高次脳機能障害とは?
(1)高次脳機能障害が認定される3つの要件
(2)高次脳機能障害の症状について
(3)高次脳機能障害の立証
(4)被害者とその家族が直面する問題
判例 弁護士の立証について
(1)高次脳機能障害 別表Ⅰの1級1号
(2)脳機能障害 別表Ⅰの2級1号 
(3)高次脳機能障害3級3号
(4)高次脳機能障害5級2号
(5)高次脳機能障害7級4号
(6)高次脳機能障害9級10号
高次脳機能障害が想定される頭部外傷傷病名

著者プロフィール

宮尾 一郎 ミヤオイチロウ

NPO法人交通事故110番理事長。2000年にNPO法人を設立して以来、後遺障害等級認定などに関わる相談を継続し、交通事故に関するアクセスは日本1、相談実績は25万件を超えている。
NPO交通事故110番のページ

関連情報

現在はありません

特設ページ

高額判決を導く弁護士の立証法