「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

弁護士の緻密な立証をサポート

高額判決を導く弁護士の立証法を上下2冊分で解明

交通事故による傷病名は322もありますが、被害者・ご家族にとって、立証が難しく、
最も深刻な傷病は、高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷、及び死亡事故です。

訴訟で高額判決を実現しなければ生活の安定はない

交通事故の被害者とそのご家族には、クリアすべき3つの関門が立ちはだかっています。
 (1)一定期間、真面目に治療を続けること。
 (2)残った後遺障害の立証作業を行って障害等級を獲得すること。
 しかしこれだけでは不十分で、最大の難関は第3です。
 (3)等級に基づく賠償請求交渉で、適切な損害賠償金を獲得すること。 
認定さてた等級に基づき、訴訟で高額判決を実現しない限り、被害者・その家族にとって、将来にわたる生活の安定はありません。

実際に獲得した判決を詳細に検証

高次脳機能障害、遷延性意識障害、髄損傷、死亡事故のほとんどすべては、訴訟による解決が選択されており、被害者の今後の生活の一切が、弁護士の手に委ねられます。しかし現実は、弁護士にも、得て不得手があり、力量もマチマチです。
20年目に突入したNPO交通事故110番は、全国の有能な弁護士と連携し、実際に獲得した判決を詳細に検証してきました。
 (1)損保がどのように反論をしてくるか? 
 (2)弁護士は、なにを立証することで対抗していくのか? 
 (3)何がポイントとなって、裁判所が高額判決を下したのか? 
本書では、弁護士の緻密な立証を具体化することに主眼点を置き、実現しうる理想的な解決方法を明らかにしています。

本書には何が書かれているのか

上巻は、高次脳機能障害について175件の判例を、下巻では、遷延性意識障害・脊髄損傷・死亡事故について83件の判決を徹底分析しています。
これを通じて、裁判において、弁護士として、何を、どのように立証した結果、高額判決が実現したのかを明らかにしています。
被害者のご家族と弁護士が本書のノウハウを学習され、訴訟において、高額判決を実現されることを願っています。

前著との区別と関連

前著「交通事故外傷と後遺障害 全322大辞典」は、交通事故で起こりうる全322の傷病につき、後遺障害の等級とその立証方法をDND付きで示したものです。
そして本書は、獲得した等級に基づく裁判において、最も立証が難しい実例についての立証方法を解明しています。前著・本書を手元に揃えていただければ、鬼に金棒です。

 弁護士必携 
経験と実績に
基づく決定版

本書に記載されているノウハウは、机上の空論ではありません。全ては積み重ねた経験と実績に基づく、実際的なメソッドです。
他に類書はなく、高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷、及び死亡事故の立証のための決定版です。
訴訟における争点は、過失割合、逸失利益、将来の介護料などパターン化されており、本書を熟読することで、訴訟のノウハウが手に入ります。交通事故を手掛ける弁護士であれば、手元に置きたい一冊です。

加藤周一の本

福祉

保育・子育て

教育

学校図書館向けセット

障害児問題

ジェンダー・性教育

人権・法律

政治・社会・労働

経済・経営・まちづくり

思想・宗教・文化

歴史・地理

外国事情

平和・平和教育

環境・自然科学

医療・健康

ルポルタージュ・記録

かもがわライブラリー

紀行・山歩き

生活・料理

文学・エッセイ

写真・画集・マンガ

児童文学・子どもの本

かもがわブックレット

かもがわCブックス